ギリシア風のコンポート皿

陶器に絵を描く時は、ずっと筆を使っていたのですが、いい道具を教えてもらい購入しました。これまでテストで何度か使い、なかなか良い仕上がりだったので、こいつをガッツリと使った作品を作りたい。釉薬が入った容器の先にシャーペンの先のようなものが付いていて、細い線を引くことが出来るのです。

たくさん絵を描く部分がある器がいいなぁと考え、コンポート皿を作ることにしました。



e0306238_19085167.jpg



描けた。

直径20センチほどのコンポート皿。白土で作りました。細い線をたくさん引けるモチーフを探していたところ、エトルリア時代の鏡の写真を発見。その中にギリシア神話のデメテルとプロセルピナがモチーフになったものがありました。私、ロセッティが描いたプロセルピナの絵が大好きなんです。なので、このモチーフに決定。



e0306238_19085594.jpg


色も塗った。

色を塗らないところをメインに考えながら着色しました。この上に透明な釉薬を塗って仕上げます。色が余り濃く出ない様に…、でも消えてしまわない様に…。焼きあがってみないと、どんな濃さになるのか分からないので、塗ってはみたもののドキドキです。



e0306238_19085905.jpg


出来た!



e0306238_19091078.jpg


狙った感じの色味に仕上がりました!

やったぁ!


e0306238_19091407.jpg



とにかく細い線を描きたかったので(笑)、足の部分にはイタリア語でデメテルとプロセルピナの神話の一部分を書きました。ちょうど本棚にイタリア語のギリシア神話の本があったんですよね(どうしてそんな本があるのかの話は長くなるのでまたいつか)。




e0306238_19091799.jpg


お皿部分の裏にもちょこっと絵を。

自分でもかなり気に入った作品になりました。



e0306238_19092026.jpg


あのペン先釉薬で線を引くの、本当にすごく楽しかったんです。が、描くモチーフを考えるのに数週間も悩んだのに、線を引くのはたったの数時間で終わっちゃうんですよね。さみしいので、このシリーズであといくつか作品を作ってみようと考えてます。

第一回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
トラックバックURL : https://cicucito.exblog.jp/tb/25181302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mattia87 | 2017-01-17 12:42 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

ものづくり、旅行と写真、イタリアが好き。手作りしたものを中心に日々の暮らしを綴ります。


by mattia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31