魚の器

大きめの鉢が欲しいな〜と、ふと思いました。

さっそく作る!

で、模様はどうしようかな…と。壺に絵を描こうとギリシアの陶器を調べていた時に見つけたこいつにすることにします。

私、英語は3行以上読むと眠たくなるのでデコレーションの方法は分かったような分からないようなですが、似せて作るのなら絵の具で描くのが一番楽で近いのかな…。でも、それではおもしろくないので、デザインだけ拝借して釉薬で仕上げました。白マット、黒天目、黄瀬戸という3種類の釉薬を筆でペタペタと。魚の身の部分、本当はもっと黄色になるはずだったのです。釉薬を濃く塗ると黄色になったはず。が、薄かったのでこんな色に出来上がりました。

でもこれはこれで、焦げた魚のようで好きかも。


e0306238_23193449.jpg



外側にも、内側と同じ模様を入れて。

黄色になるはずが薄すぎてこんな色に。なんか鉄っぽい感じの色味もして一見、陶器には見えないような気もする不思議な風になりました。好きです。


e0306238_2319401.jpg



直径24.5センチ。あと5センチ大きくしたかったのですが、私の技量ではこの大きさが限界でした…。しかし、私が作ったにしては異様に軽いので大満足。


e0306238_23194477.jpg



こちらは試作品。次はこの技法で皿に装飾してみようかな〜と出来るかどうか小さいので試してみたもの。手間はかかったけど、いい感じで出来たので、頑張って大きいのも作ろう!!

上薬を掛けてるのでテカってるところが違いますが、こっちの方が本物に近いですよね。


e0306238_23195139.jpg



さて、この魚絵の器。義実家がミカン農家のため冬の間、我が家には大量のミカンがあります。それを机の上に積んでるのですが、そのミカンを入れる器が欲しいなーというのが作ったきっかけだったのです。が、完成したころにはもうミカンの季節は終わってたりして…。でも、せっかくなので、まだ残ってるミカン、デコポンやらを入れてみました。


e0306238_23195687.jpg



よし。使えそうだね。

ミカンの無い時期は、朝のパンでも入れておこう♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

e0306238_227728.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://cicucito.exblog.jp/tb/20610753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mattia87 | 2013-06-06 00:01 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

ものづくり、旅行と写真、イタリアが好き。手作りしたものを中心に日々の暮らしを綴ります。


by mattia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31