蛸壺をもらってきました。

昨年の秋にクロスバイクを買ってちょこちょこフィットネス目的で乗ってます。

といってもフィットネスなので家の近くを1時間程度走るくらい。週末たまに、ロードバイクに乗っているダンナと一緒に淡路島に走りに行ったりとか。明石から岩屋に船で渡り、北の方だけをぐるりと30キロほど走って帰宅してました。アワイチと呼ばれている淡路島一周が憧れだったりするのですが、一周約150キロだなんて私の足ではとてもとても1日では無理です。

じゃ、途中で泊まれば?ということで、気候が良くなった先日、島の南側に宿をとり、一泊二日で淡路島を自転車で一周に挑戦して来ました。


e0306238_22242779.jpg



朝8時半に家を出発、福良の宿に到着したのは夕方5時でした。家から数えて92.8キロ!

あとで聞いたところ、ダンナは暗くなる前に到着するのは無理かもしれないと思ってたとのことでした…。予想外に頑張ったね、私。

デジカメを持って行こうと話してたのにダンナが忘れたので、スマホで撮った写真です。ま、後になってみれば、この忘れ物が功を奏した訳なのですが…。


e0306238_22243124.jpg



休暇村南淡路に泊まり、『淡路島蛸壺懐石』というのを頂きました。蛸が食べたい〜!!!の一心で90キロ強、必死でペダルを漕ぎまくりましたよ〜。

お料理の内容は、、、

小鉢:蛸の塩辛
造り:蛸壺盛り 生蛸薄造り・蛸ぶつ・鮪・鯛・寒八
酢物:蛸の酢の物
蓋物:蛸の柔らか煮
小鍋:蛸のしゃぶしゃぶ
凌ぎ:蛸の握り・蛸入り卵焼き
揚物:蛸の天麩羅
飯物:蛸釜飯
吸物替り:明石焼
水物:蛸壺プリン・季節の果物

まさに蛸づくし!!!


e0306238_2224377.jpg



チェックインした際、フロントで蛸壺をお持ち帰りくださいね〜♪と言われたんですよね〜。

???

えっと、私たち、自転車に乗って来たのですが…(汗)

一瞬、お断りしようかとも脳裏によぎりましたが、せっかくなの頂いて来ました。お料理が出て来て、まさかこれじゃないよね?とぎょっとはしましたが、カメラを忘れたせいでリュックに収まって良かったです。でも正直に言うと、プリンの入ってた蛸壺を貰えたら充分に嬉しかったです。

帰り道での写真、ダンナのリュックには蛸壺が入ってますよ〜(笑)。蛸壺しょって家まで80.4キロ頑張りました!


e0306238_22243722.jpg



これがその蛸壺。


e0306238_22244775.jpg



大きさがよく分からないので、もらった説明書きにワインクーラーにしたりとあったので、ワインと並べてみましょうね。結構大きいです。

その説明書きによると、、、日本でも数少ない「たこつぼ職人」が手作りにこだわり、ひとつずつ丁寧に焼き上げた逸品であるとのこと。

いやぁ、頑張って貰って帰って来て良かったぁ!

欠けたように見える部分は、釉薬を掛けた後、くっつけて大量に焼くため、取り出す時にああいう風に剥がれてしまうもの。トレードマークだそうです。プラスティック製の蛸壺が主流となってますが、高齢の職人さんが愛情込めて作っているものですって。

蛸壺、海底の色によって、「素焼き」「黒天目」「飴」の3種類が作られているそうです。

これには驚き、感心してしまいましたよ。私たちが貰って来たものは飴釉のものですね。


e0306238_22245129.jpg



せっかくなので、自分で作った古代ギリシアの蛸の絵を描いた壺の隣りに置いてみました。


e0306238_22245466.jpg



アワイチ完走記念として、大事にしたいと思います、蛸壺。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

e0306238_227728.jpg

[PR]
by mattia87 | 2013-05-15 23:09 | 旅のはなし

ものづくり、旅行と写真、イタリアが好き。手作りしたものを中心に日々の暮らしを綴ります。


by mattia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30