タグ:器 ( 15 ) タグの人気記事

『マッピー』用ボーダー

陶器のワインカップ

ワインカップを作りました。4客。

ダンナ両親へのプレゼントにします。遠方のため最大で年に一度しか帰省しないのですが、私たちがお土産に地元のワインを買って行ったり、私たちが飲むだろうとスーパーでワインを買っていてくれたり。義両親は普段ワインを飲まないので、何でワインを飲も!となっちゃうんですよね。次回の帰省時にはワイングラスを買って行こうね…とダンナと話をして、んじゃ、ここは自作で!

と、出来たものの、どうも納得いかず。




e0306238_20045968.jpg



まだ時間もあったので作り直しました。

上のカップ部分は同じ釉薬です。分かりにくいですが、下の足の部分は4つ違う色の釉薬を掛けました。左から、黒、赤、黄(茶)、青。

縁には、酸化銅と二酸化マンガンを混ぜたものを塗っています。このやり方で過去にも幾つか作っているのですが、いつもこんなもんで〜と適当に塗り塗りしてました。今回は4つあるので、重ね塗りしてみたり、釉薬との順番を変えてみたりと実験(?)してみましたよ。




e0306238_20050142.jpg




これは、酸化銅と二酸化マンガンを混ぜたもの(以下、液と呼びます)を素焼きの上に塗って釉薬を掛けて焼いたもの。

うわー真っ直ぐだーー、面白くないですね。私の希望は、縁がウネウネと滲んだような感じで垂れているものなんですよねー。





e0306238_20050310.jpg




次は、素焼きに液を塗り釉薬を掛ける、乾いた上にさらに液を塗って、もう一度釉薬。

4つの中で一番工程の多いものです。めっちゃ垂れてます!縁もウネウネといい感じで滲んでいますよ!





e0306238_20050602.jpg




これは、素焼きに釉薬を掛け、その上に液を塗ったもの。最初のものより垂れが大きく、2番目のものほど垂れていない。

ふーん。釉薬の上に液を乗せるとたくさん流れるようですね。私の一番のこだわりである縁の滲みは液の濃度によるのでは?と思います。次は、同じ順序で釉と液を掛け、液の濃度だけを変えてみて実験してみよう。違う釉薬でも試してみたいし。




e0306238_20050833.jpg




最初に作った4客が後列です。どんな形にしよう〜とWEBショップをいろいろ参考にして決めた形。その通りの大きさで作ってみたんだけど…

普段はワインを飲まない義両親なので、他にも使えるフリーカップと思ったけど、大きすぎた!別に撮影用に台に乗せてる訳じゃないんですよ〜。小さい方、滞在中これでお茶も飲みましたが、使いやすいサイズでした。作り直して良かったー

大きい方は、秋のガラクタ市に出します。アイスクリームでも入れてください(笑)





e0306238_20051194.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

[PR]

by mattia87 | 2017-05-22 20:57 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

釉薬はむつかしい

昨年から気になっているスリップウェア。ワークショップで体験して、実際に自己流で実践してみて…






練習、テストとして作った小皿が3枚です。素焼き・本焼きは月に1度、この前に釉薬の色見本を作っているので、ここまでで4ヶ月かかってます。





e0306238_16584717.jpg




教室には飴釉がないので個人で購入した上薬を掛けました。

縁の辺りの薄く釉薬がかかった部分は黄色で綺麗ですが、全体に濃く掛かりすぎちゃいました。模様が沈んじゃいましたねぇ…  




e0306238_16585281.jpg




前回の釉薬に水を少し入れて薄めてみました。

模様は前回の方が綺麗に出来たのです。でも、こういう不均等な方が柄としては味があって良いのかも…とこの皿を見て思いました。





e0306238_16585401.jpg



前ふたつの釉薬は5年ほど前に地元のユザワヤだったか東急ハンズで買った物。残り少くなりました。で、再び買いに行くことにします。どっちだったか忘れたので2つとも行ってみたものの、どちらの店舗にも置いてなかった!

仕方がないのでネットショップで飴釉を購入したところ、こんな焼き上がりになりました!

前の釉薬であった黄色っぽさは皆無ですね。これはこれで綺麗ではあるのですが、同じ『飴釉』ではあれ、作っているところによって結構差があるんだなぁと。





e0306238_16585604.jpg



和菓子でも乗せようかな…と平らなままで作った小皿には教室の『灰青磁釉』を掛けました。





e0306238_16585919.jpg



白化粧土を掛けての模様付けもむつかしいし、その後の釉掛けもむつかしい。自分好みの器が出来るのはまだまだ先のようです…




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

[PR]

by mattia87 | 2017-05-19 17:30 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

見よう見まねスリップウェア

昨年末、ワークショップで初体験してきた憧れのスリップウェア。


いてもたってもいられなくて(笑)、年が明けて初回の陶芸教室で挑戦してきました。教室の先生も未経験というので、勢いで作る“見よう見まね”スリップウェアです。

お好み焼きにしか見えませんが粘土です。色化粧土を流すスポイトが教室にあったはずなのに、どこを探しても見つからず、階下の100均ショップで調味料ボトルを買って代用しました。なので作業風景もお好み焼きとしか思えなかった…




e0306238_11125966.jpg



今回は、模様を付ける練習と釉薬の色見本を作るのが目的だったので、4枚のお好み焼きはお皿1枚と箸置きたくさんになりました。




e0306238_11130395.jpg



白系のものと、茶〜緑系の釉薬で色見本です。

釉薬を分厚く掛けすぎて、飴釉のが茶色一色になっちゃった。あぁせっかくの模様が〜、大失敗です。




e0306238_11130694.jpg



色見本が出来たところで、2回目のスリップウェアに挑戦しました。ちょっとコツが掴めてきたかも。

これはこのまま完成させてシンプルに板皿にする予定です。右端の緑色の織部釉を掛けようかなぁ。




e0306238_11131212.jpg



教室の他の生徒さんと試行錯誤して、細い線を引けるようになりました。

今気づきましたが、これって逆お好み焼きですね。全面にマヨネーズを塗って、その上にチューブでソースを絞り出した感じだ。




e0306238_11131032.jpg



そして、憧れの大皿にも挑戦です。

が、あまり上手く出来ませんでした。技術云々ではなく、センスの有無だと思います…。でも、釉薬を掛けたらなんとかそれっぽくなるんじゃないかなぁと淡い期待を抱いてます。




e0306238_11131990.jpg



昨年夏に買って、じっくりと読み込んでいるスリップウェアの本。器の写真を見ているだけで楽しいし、作り方の説明が載っているのが嬉しい。

納得いく作品を作れる日が来るのかは分かりませんが、楽しいのでしばらく試行錯誤してみようと思ってます。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

[PR]

by mattia87 | 2017-03-10 20:55 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

再び、SC釉の色見本。

下絵の具として使っているSC釉。以前にも色見本を作ったのですが、新しく買い足したので再び色見本を作りました。

混色出来るので最初は控えめに購入したものの、やっぱり紫やらオレンジやらが欲しくなったので追加。計14色になりました。前回同等、使える色見本にしたいので、お酒を飲むヤツを備前土で作りました。

食前酒でも飲もうかな…と思って作りましたが、ダンナが気に入ったようで最近よくこれで日本酒を飲んでます。左側の方がいい形、右はちょっと納得いってません(笑)。




e0306238_11132594.jpg



内側と足には教室の釉薬を掛け、外側を14分割して塗り分けました。




e0306238_11132870.jpg



色見本はひとつあれば十分なので、もう片方には14個イラストを描いて各色を塗りました。




e0306238_11134325.jpg



細い線も、塗りつぶしたSC釉も綺麗に仕上がったので、この技法でまた他にも作ってみよう。




e0306238_11134780.jpg



半磁土に塗った時はほぼ消えてしまった70番のロージーピンクでしたが、備前土に乗せるといい色味になりました。




e0306238_11135219.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

[PR]

by mattia87 | 2017-02-08 11:35 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

ギリシア風のコンポート皿【ハンドメイド・雑貨DIY部門】

陶器に絵を描く時は、ずっと筆を使っていたのですが、いい道具を教えてもらい購入しました。これまでテストで何度か使い、なかなか良い仕上がりだったので、こいつをガッツリと使った作品を作りたい。釉薬が入った容器の先にシャーペンの先のようなものが付いていて、細い線を引くことが出来るのです。

たくさん絵を描く部分がある器がいいなぁと考え、コンポート皿を作ることにしました。



e0306238_19085167.jpg



描けた。

直径20センチほどのコンポート皿。白土で作りました。細い線をたくさん引けるモチーフを探していたところ、エトルリア時代の鏡の写真を発見。その中にギリシア神話のデメテルとプロセルピナがモチーフになったものがありました。私、ロセッティが描いたプロセルピナの絵が大好きなんです。なので、このモチーフに決定。



e0306238_19085594.jpg


色も塗った。

色を塗らないところをメインに考えながら着色しました。この上に透明な釉薬を塗って仕上げます。色が余り濃く出ない様に…、でも消えてしまわない様に…。焼きあがってみないと、どんな濃さになるのか分からないので、塗ってはみたもののドキドキです。



e0306238_19085905.jpg


出来た!



e0306238_19091078.jpg


狙った感じの色味に仕上がりました!

やったぁ!


e0306238_19091407.jpg



とにかく細い線を描きたかったので(笑)、足の部分にはイタリア語でデメテルとプロセルピナの神話の一部分を書きました。ちょうど本棚にイタリア語のギリシア神話の本があったんですよね(どうしてそんな本があるのかの話は長くなるのでまたいつか)。




e0306238_19091799.jpg


お皿部分の裏にもちょこっと絵を。

自分でもかなり気に入った作品になりました。



e0306238_19092026.jpg


あのペン先釉薬で線を引くの、本当にすごく楽しかったんです。が、描くモチーフを考えるのに数週間も悩んだのに、線を引くのはたったの数時間で終わっちゃうんですよね。さみしいので、このシリーズであといくつか作品を作ってみようと考えてます。

第一回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

by mattia87 | 2017-01-17 12:42 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

器に金色継ぎ

先日のスリップウェアのワークショップ。お正月に間に合って完成したのですが、その電話で悲しいお知らせが。ヒビが入ってしまったのこと。使用には影響しない場所ではあるのですが…と、受け取りの連絡の時に教えてもらいました。

表側からだと見難かったので、裏の写真。ばっちりとヒビが入ってますねー。

原因は分かってます。生乾きの器に白化粧土を掛けて装飾するわけなのですが、失敗したら拭いてやり直し出来ますよ〜と言ってもらえたので、お言葉に甘えて失敗してみたのです。2度、化粧土を掛けてしまったので、その分、水分を吸って柔らかくなってしまい乾燥する時にヒビが入ってしまったのでしょう。

が、18センチの皿の縁のたった3センチほどの亀裂。全く、問題ありません!! この場所には食べ物は乗せないと思うしね。



e0306238_20410871.jpg



食べ物は乗らないと思われる場所なので、なんちゃって金継ぎをしてみました。

本当の金継ぎは、漆と金を使うのですが、“なんちゃって”なので合成漆と、金は高くてとても買えないので、金色の真鍮を使ってます。だから、金継ぎではなく、“金色継ぎ”と呼びたいと思っております(笑)。



e0306238_20411952.jpg



ありがたいことに、なんと、傷がはいってしまったからと、お皿を一枚プレゼントしてもらいました。

右側がいただいたお皿です。

当たり屋みたいで大変申し訳ないのですが、すごく嬉しいです。



e0306238_20412280.jpg



今回、教えてくださった窯元さんのお皿、すでに2枚購入していたので、これで計5枚になりました。

当分、というか永久にこのサイズのお皿は作らなくても良さそうです(笑)。




e0306238_20412955.jpg


上から2枚目がヒビが入ったお皿。

そりゃぁ、これだけ縁が平らに落ちればヒビも入るわね〜。

陶芸って難しい。自分の手仕事の分がそのまま形に表れます。それが面白くもあるのだけれど、あ〜あ〜あーー難しい!

何事も丁寧に。



e0306238_20413325.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

[PR]

by mattia87 | 2017-01-11 21:28 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

はじめてのスリップウェア

昨年の12月、スリップウェアのワークショップに行ってきました。丹波の窯元さんから先生がいらして教えてくださるという、私にとっては夢のような企画でした。

スリップウェアとは簡単に言うと、器の上に泥状の化粧土(スリップ)を掛けて、その上に違う色のスリップで模様を描くいう技法です。その後、乾燥させて素焼き、釉薬を掛けて焼いて完成です。カプチーノの泡の上に絵を描くラテアートとか、お好み焼きの上にマヨネーズで模様を描くのをイメージしていただければ…(笑)。

今回のワークショップでは、豆皿で練習をして、大きなお皿が本番です。

というわけで、私の生まれて初めてのスリップウェアがこちら。



e0306238_16555572.jpg


そして大皿。

まず、ベースにする茶色の化粧土を柄杓ですくって皿にドバーッと掛けるのですが、これが難しい!!先生が掛けるのを見ていると、チャチャチャッと簡単そうに見えるのですが、とんでもない。

そして、白い化粧土をスポイト(上の写真に写ってる道具)に入れて模様を描きます。今回は、円を描いてみました。外側だけに描くつもりが、すごく楽しかったので全面に入れてしまいました。外側から始めて、コツを掴めたのが残り5周くらいの時。なので、外側はめっちゃ汚いです。

スポイトで線を引いたあと、先の尖ったもので引っ掻いて模様にします。縁の方だけ引っ掻きました。



e0306238_16560029.jpg


追加料金を払って、お皿をもう一枚。これは、ベースが白色、茶の横線を描き、縦方向に引っ掻きました。



e0306238_16560281.jpg


さて待つこと3週間ほど。年末に完成品を受け取ってきました。

わぁい♪はじめてのスリップウェア、嬉しい〜♪♪

3枚それぞれ違う釉薬を掛けてもらったのですが、どれも白っぽくなっちゃった。化粧土のバランスですね。渦巻き模様のはブルー、豆皿は茶色になる釉薬でした。白い化粧土を垂らしすぎて、ベースの茶色が少なくなったから全体的に白い感じに。



e0306238_16560614.jpg



色はともかく、豆皿の模様が一番気に入っています。



e0306238_16560947.jpg



ちょうど作業が終わった頃に、おばあちゃんと遊んでいた娘がやって来たので、人差し指でちょっと跡を付けてもらいました。




e0306238_16561311.jpg



大皿は料理に、豆皿は机の上に置いて、アクセサリーの仮置き場に使ってます。



e0306238_16561703.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

[PR]

by mattia87 | 2017-01-09 17:55 | てづくり・土 | Trackback | Comments(2)

『マッピー』用ボーダー

備前土のマグカップ

毎月、何かしらの陶芸作品を作っているのですが、なかなかブログを更新出来なくて。あれ?それ何ヶ月前に作ったんやっけ??というのもありますが、ボチボチ紹介させてください。

備前土で作ったマグカップ。

釉薬をかけないで焼く『焼締め』にしようと思っていたのですが、持ち手の付け方が下手でヒビが入ってしまい、補強の意味で釉薬を掛けることにしました。


e0306238_18283267.jpg


これ、自分用。

外側に黒天目釉を掛けて、内側は焼締です。ベンガラでちっちゃい絵を描きました。



e0306238_18284025.jpg



釉薬が掛かっていないため、はっきり言って汚れます!

朝のブラックコーヒー専用カップなので、どこまで汚れるかちょっと試してみます(笑)。



e0306238_18284271.jpg


こちらはダンナが使うカップ。

会社で使うので、汚れない様に内側にも釉薬を掛けました。

模様のリクエストを聞いたら自分で描くと言うので、輪郭を描いてもらい色は私が塗りました。



e0306238_18284612.jpg



新しく買ったペン型の釉薬。細かい文字も綺麗に描くことが出来ました。これは色々と使えそうです。



e0306238_18284933.jpg





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

[PR]

by mattia87 | 2016-12-29 18:49 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

備前土ですり鉢。

離乳食を作るのにすり鉢を使っていたところ、母も欲しいと言うので備前の土で作りました。


e0306238_20520745.jpg


前回と同様、櫛状の道具で筋目を入れていきます。


外側では櫛の歯を全部当てて、内側へと引くに連れて道具を斜めに当て、終わりのラインが斜めになるように…、あぁ!!難しい〜!!


足らなかったところは、針で溝を足してとりあえず辻褄を合わせます。


e0306238_20521255.jpg


筆で唐草模様を描き、SC釉を重ねました。


e0306238_20521400.jpg


唐草模様。全部に描くとくどいので、飴釉だけのと2ヶ所ずつ。


釉薬を塗ったところと塗っていないところの境目に色が付くのががすごく好きです。


e0306238_20521729.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

[PR]

by mattia87 | 2016-08-17 21:10 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

離乳食のお供、すり鉢。

娘。ただいま1歳半。

早いもので、もうすっかり大きくなり、大人と同じものを食べられるようになったので、出番は減ってしまいましたが、離乳食の時期にすり鉢を作りました。

すり鉢を作るのは初めてなのですが、写っている道具で溝を入れます。これが、なかなか難しいのですよ。こんなもので良いのか不安ですが、「どんなんでも、それなりに使えるよ〜(笑)」と言う先生の言葉を信じることにします。


e0306238_20445369.jpg



焼きあがりました。


e0306238_2045149.jpg



内側に釉薬をどっぷりと掛けると溝が埋もれてしまいます。全く掛けないと、汚れがついたり欠けてしまったりという不都合が…。と、教えてもらい、水で薄めた釉薬を内側に塗っています。


e0306238_2045479.jpg



食べ物の絵を描いて、


e0306238_2045628.jpg



反対側。


e0306238_2045883.jpg



大きい方のには、このハンコを押した持ち手を付けました。


e0306238_20451499.jpg



使ってみます。

写真では柔らかいものしか擦っておりませんが、使い勝手バッチリです。先生の言葉通りでした(笑)。
離乳食には使わなくなったので、ゴマを擦ったタレを作ってそのまま食卓へ…っていうのに活用してやろうと思ってます。


e0306238_20452076.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←ランキング参加中です。ポチッとクリックお願いします♪

[PR]

by mattia87 | 2016-08-10 21:08 | てづくり・土 | Trackback | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー